メモリ交換 メモリ メモリー メモリ増設 メモリー増設 cpu cpu交換 cpuの交換 ハードディスクの交換 ネットショップ購入に不安な方へ
メモリ交換が簡単に できます

メモリー増設のメリットは何か?  CPU交換のメリットは何か?  すぐにパワーアップを始めたい方

 パーツ交換は初心者もOK 業者に依頼するより「超経済的」です

「パーツ交換の3原則」


1.簡単に出来る自信のあることから手をつける。

徐々に高度なことに挑戦する。

2.わからない自信のないことはやらない。

無理に挑戦し、失敗すると折角入手したパーツが無駄になる。

3.パーツ入手の際は十分に規格が合っているかを確認する。

規格が合っているか不明・不十分の場合は入手前に説明書やメーカーのwebサイト等で確実に調べる。

ご注意:パソコンパーツの交換・増設はパソコンメーカーの保証の対象外になる場合がありますので、実行する際は必ずパソコンメーカーの保証書の内容をご確認下さい。但し保証期間後の改造は自由です。
点検・修理時の基本事項

・点検・修理時は電源コードは必ず抜く

・PC組み立てには静電気は禁物。

パーツに触る前に一度ケースのフレームなどの金属に触り、静電気を体から逃がしましょう

パソコンケースの開け方と閉め方の動画  分解組立手順の動画
パソコン性能アップのポイント
パソコンは複数パーツの組合わせで構成されています。
パソコンの性能アップを図るには単体パーツのみ性能アップでは期待どうりの成果が出なく,より効果を上げるには単体パーツの交換だけではなく
CPU・メモリ・ハードディスクの同時増設・交換によって効果的なパソコンの性能アップができます。但し全てマザーボードの規格対応が必要。

 パソコンのスペックアップに最適・パーツの交換は簡単にできます

ネットショップ購入に不安な方へ

最近パソコンの起動が遅い、作業処理が遅いなどストレスが多くなってきたとお思いの方でパソコンを買い換えるにはチョッと迷っている方、何か簡単にパソコンのスペックアップする方法は・・・

そこで 費用最小 →効果最大・・・のメモリー増設・交換をやってみよう。


初めての方にもやさしく・簡単でわかりやすいサイト  メモリー増設がなぜ必要なのか

必見 組み立ての裏技 パソコンの組み立て作業がしやすく楽で安心そして確実な作業方法や最適な補助部品
メモリ  メモリー  メモリ増設  メモリー増設  cpu  cpu交換   cpuの交換  ハードディスクの交換

簡単に出来、効果が大きい
メモリー増設

重要:メモリーは規格が合わないと動作しません。

簡単に出来、効果が大きい メモリー増設 

メモリの取外し方・取付方の動画


増設前      

処理速度遅い

増設後↓↓↓ 

処理速度早い
      起動速度の向上

 メモリー増設

メモリー増設

作業開始




ウィンドウの複数立ち上げ例



変身

使用者自身が使いやすい自分専用のパソコンは自作組立パソコンで

パソコン自作改良グレードアップやってみよう
ネットショップ購入に不安な方へ
サポート万全のパーツショップは・・・
ひと目でわかる超簡単なpcケースの内部
わかりやすい各パーツの役割
メモリーの役割とは・・・
メモリー増設のメリットは何か?
メモリーの種類はどの位・・・
簡単に出来、効果が大きい メモリー増設
メモリの取り付け方詳細
CPUの種類はどの位?
CPUの取り外し方
わかりやすいCPUの交換方法
CPUの取り付け方詳細
PentiumDとCore2の比較
Core2Duo」で自作PCを作ろう!
ハードディスクを増設すると・・・
パソコンの性能はどの位必要か?・・・

自分に合ったパソコンの選び方

パソコンの起動と処理速度を早くするには
組み立ての裏技
メール


価格別 激安中古パソコン
Yahoo!PCショップ


サポートセンター
パーツが破損
接続は向きを確認
静電気
破損し易い部品
パソコンケースは鋭利な金属製
デジカメなどで記録
スペースを確保
保証の対象外
必要な道具
ケースを開ける
保証書


メモリー増設
規格が合わないと
メモリの種類の代表例
DDR2

ヒートシンク
シリコングリス
中古品のCPUクーラー
熱伝導シート
消費電力
処理性能
パソコンの起動と処理速度を早くするには


メールはこちらへ

格安高性能パソコンはこれだ
簡単自作パソコン組立方法
マザーボード交換やってみよう



パソコンケースの開け方と閉め方の動画

分解組立手順の動画

メモリの取外し方・取付方の動画


ハードディスクの取外し・取付方の動画

CPUの取外し・取付方の動画

マザーボードの取外し・取付方の動画


DVDドライブの取外し方・取付け方の動画

SSDの取外し・取付方の動画

電源の取外し方・取付方の動画

CMOS電池の取外し方と取付方

ビデオカードの取外し方・取付方の動画



SSD換装手順の動画


メモリ メモリー メモリ増設 メモリー増設 cpu cpu交換 cpuの交換 ハードディスクの交換

1.メモリ交換が簡単に          
パソコンのパーツ交換 (メモリー増設 CPU交換ハードディスク増設) が 初めての方にもやさしく・簡単でわかりやすいサイト

必要な道具

標準的なプラスドライバ(マイナスドライバもあれば便利です) ケースを開ける時必要

ピンセットケース中にネジが落ちて指で取れない時にあると便利です)  有ると便利無くても可

   すぐにパワーアップを始めたい方はこちら↓↓↓
作業を始める前に

重要:パソコンパーツの交換・増設はパソコンメーカーの保証の対象外になる場合がありますので、実行する際は必ずパソコンメーカーの保証書の内容をご確認下さい。

 取り外したネジや小さなパーツ類などを紛失せぬよう充分なスペースを確保してから、作業しましょう。

 ケースを開けてパーツ類を取り外す前にパーツとケーブルがどこに接続されているのかを良く確認する、できればメモ又はデジカメなどで記録しておくと後で新パーツを取り付ける際に便利です(本当に必要です)。

 パソコンケースやパソコンパーツ類は鋭利な金属製なので作業中に指などをケガしないように、充分注意しましょう。

 パソコンパーツはそれ程頑丈では無く、破損し易い部品が多いので取扱は慎重に行ってください。

 パソコンパーツは静電気に弱く破損し易いので取扱前に、ケースなどの金属部分に触り静電気を体から逃がしましょう。

 パーツの取付・接続は向きを確認し取付出来にくい時はもう一度向きが合っているかを再確認し、絶対無理に力を加えて接続しようとしないことパーツが破損します

 パーツ添付のマニュアルや説明書を良く読んでから実行しましょう。説明書などを読まずにあわてて作業すると失敗することがあります。

・ 取付が完了し通電後もしも異臭や発煙が有る場合すぐに電源を切りプラグはコンセントから抜いてください、またパーツから熱が発生して火傷などの危険が有るので充分注意してください。そしてその後パーツのサポートセンターなどへご連絡してください

 またパーツの交換・増設作業において取り外し・取り付け作業の失敗、動作不良、破損については筆者はその責を負いません。交換・増設は全て自己責任において行なってください。



初心者・増設未経験者にも簡単に出来て、効果が大きい
まずはメモリー増設から始めましょう。

メモリ メモリー メモリ増設 メモリー増設 cpu cpu交換 cpuの交換 ハードディスクの交換
作業その1 メモリー増設


メモリー増設のメリットは何か

・複数のアプリケーションの同時作業がしやすい ・大きなサイズの画像や音楽など、を扱うときに作業が高速になる ・写真加工、Movie編集などの負荷の大きい処理に効果大
起動速度の向上 ・ウィンドウの複数立ち上げ可能 ・ソフトの起動速度がはやくなる  など少額の投資でメリットがいっぱいあります

重要:メモリーは規格が合わないと動作しません。

パソコンごとに搭載できるメモリーの最大容量の制限があります。

自分のパソコンのメモリ容量を調べるには、こちらです

Windows を快適に利用するには最低でも2GB必要です。
メモリー の詳細な取り付け方はこちらです
メモリー の詳細な取り付け方はこちらです

メモリは以前から見るとかなり格安になっています


現在使用されているメモリの種類の代表例には、DDR2 SDRAM とDDR SDRAMがあります。この両者に互換性はなく、使用するマザーボードに対応した種類のメモリを使用します。

現在の主流はDDR2 SDRAMメモリですが、DDR SDRAMも使用されています。メモリにはメモリスロット(マザーボード上のメモリ取り付け部分)への接続部に切れ込みが入れてありますが、DDR SDRAMと、DDR2では切れ込みの形が異なるため、間違えて挿してしまうことはありません

尚この他にもいろいろ種類があります、入手時にはご注意下さい。

             メモリの取外し方・取付方の動画  



メモリのグレードアップをマスターされた方、次はCPUのグレードアップに挑戦!

画像編集や動画編集・再生などの作業をされる方は是非CPU交換をご検討・・・
メモリ メモリー メモリ増設 メモリー増設 cpu cpu交換 cpuの交換 ハードディスクの交換
 作業その2 CPU交換

重要:CPUは規格が対応していないとと動作しません。

重要:パソコンパーツの交換・増設はパソコンメーカーの保証の対象外になる場合がありますので、実行する際は必ずパソコンメーカーの保証書の内容をご確認下さい。

CPUの交換(換装)条件

必須確認事項:マザーボードが対応しているCPUを選ぶこと。マザーボードのメーカーHPでCPU対応を確認してください。(確認してから購入)

CPU交換はマザーボードの「ソケット」「チップセット」「BIOS」の3つがすべて完全対応していなければ、正常に動作しません。購入しても使用できません、無駄になります。

マザーボードの「ソケット」「チップセット」「BIOS」が不明な場合は、CPU・マザーボードなどとセットで交換されたほうが、安全・安心です。また、メーカー製PCのCPU交換は、保証・修理の対象外になる場合が多々あるので、実行しないのが懸命です。どうしても交換が必要な場合は保証は諦めてCPU・マザーボードなどとセットで交換する方法しかないようです。




CPU交換のメリットは何か?

処理性能:旧シリーズのPentiumDシリーズ比べて、Core 2 Duoシリーズは性能が改善により約40%アップ
消費電力:旧シリーズのPentiumDシリーズは消費電力がとても多かったですが、Core 2 Duoで新たに搭載されて省電力機能により約30%〜40%の消費電力のカットが出来ています。

最新情報
最近のIntel CPU の主流はCore 2 DuoシリーズからCore i シリーズに移行しています。
Core i3・i5シリーズ(一部例外)は Pentium Dシリーズの95W/130Wより大幅に低消費電力化を実現。処理性能においてもPentium Dより高性能です。

わかりやすいCPUの交換方法

CPUの取り付け方                

                 CPUの取り付け方

重要確認事項

熱伝導シート とシリコングリス について
CPUに同梱されている純正CPUクーラーなどのヒートシンクには通常、熱伝導シート(黒/グレー/白など)が貼り付けてあります。ビニールの保護カバーが貼り付けてありますので、これを剥がします(剥がさないで装着すると排熱ができずCPUが破損する場合があります)。一方で、市販のCPUクーラーなど、ヒートシンクに熱伝導シートが張られていないものもあります。このときはCPUとCPUクーラーのヒートシンクの「隙間」をなくすためにシリコングリスというクリームのようなものを塗ります。「CPUとヒートシンクの隙間をなく密着させること」が目的ですので、適量を満遍なく薄く塗ります。塗る量は「多すぎず少なすぎず」が肝心です。

※熱伝導シートが貼られている場合は絶対にシリコングリスを塗らないでください。また、シートが剥離するおそれがありますので、シートを下側にして置いたり、触ったりしないようにしてください。

また、中古品のCPUクーラーを使用する場合、熱伝導シートが貼られていてもはがれている部分があることがあります。こうなりますと「密着」できなくなりますので、熱伝導シートをきれいに剥がし、シリコングリスを塗ってください。
CPUの取外し・取付方の動画  



おすすめのパーツ

メモリ       ハードディスク       Intel CPU         AMD CPU


パソコンの起動と処理速度を早くさせよう


ワンランク上の改良をとお思いの方

パソコン自作改良グレードアップやってみよう

 

マザーボード交換やってみよう  

使用者自身が使いやすい自分専用のパソコンは自作組立パソコンで

メモリ  メモリー  メモリ増設  メモリー増設  cpu  cpu交換   cpuの交換  ハードディスクの交換

じっくりパワーアップを検討してみたい方へ↓↓↓



*注:費用・価格はサイト作成時に購入した価格です、ご参考としてご覧ください。価格は日々変動しますのでご注意下さい。

*重要:パソコンパーツの交換・増設はパソコンメーカー保証の対象外になる場合がありますので、実行する際は必ずパソコンメーカー保証書の内容を全てよくご覧下さい。


このぺージの上部へ

次へ


関連サイトへのご案内

パソコン修理関連

簡単に出来るパソコンの分解・組立と誰でもわかる故障の症状と原因それを自己修理する 

パソコンを故障させない秘訣  

マザーボード交換やってみよう  

パソコンが壊れた時に困らないようにするにはどうすればいいのか  

ハードディスクが壊れる前兆はこれだ  

ハードディスク交換修理4000円から  

パソコン故障自分で修理  

パソコン改良は業者に任すな、パソコンを出来るだけ費用をかけずにパワーアップ  

マザーボードがこわれたらどうなるか・マザーボードが故障した時の主な症状・故障の原因と格安に対処できる修理法  

パソコントラブル対処法基本自分で修理は手順も簡単そして超格安  

パソコン自分で修理は2000円〜パソコンが壊れた時・パソコンが不調になった時は費用を掛けずに自分で修理やってみよう  

メモリ交換が簡単にできます業者に依頼するより「超経済的」 

自作パソコン組立関連

少し古くなったパソコンを自作改良グレードアップやってみよう  

格安で簡単に自作パソコンを作製するには・初心者に最適 誰にでも出来る自作パソコン組み立て方  

100円でパソコン修理,自分のパソコンは自分で直すメリット  


低価格パソコン関連

安心保証付き1万円台〜の激安中古パソコンの御案内  

低価格のパソコンは使い物になるか不安な方、低価格でも高品質なパソコンをお探しの方必見、きっとお気に入りが見つかります  

最新の新品パソコンを2万円台で入手する方法はこちらへ 


パソコンの購入時に用途に合った性能を選択しないと費用だけでなく、消費される電力も無駄になる「パソコン購入は用途別が得」 


ノートパソコン関連

古いノートパソコンを分解せずに小費用で性能アップ 






使

 【ドスパラ】12時までのご注文確定で当日出荷!